20XX年、年々増加する性犯罪に歯止めをかけるため、政府によって
自由に性行為を行うことが出来る場所を作るという大規模な計画が
実行された。
自由性行為推奨特別区域、通称セックスパークと呼ばれるその区域
では、いつ誰と性行為をしても犯罪になる事はない、規定の年齢に
達していれば申請するだけで誰でも中に入ることができるという
ヤりたくても相手が居ない人達にとっては夢のような場所だ。
初めは反対の声もあったが、少子化にも一役買っているということ
もあり特区完成から数年経つ頃には批判も無くなり、学校の教科書
にも載るくらいにそこは当たり前なものになっていた。

今回はそんなセックスパークで毎日ヤりまくる生活に憧れた一般人
と、セックスパークで産まれ毎日生ハメ中出しが当たり前の特区人
のお話。

Comments are closed.